水曜日, 1月 25, 2006

和食







サンディエゴにも中華街のように日本のスーパー、本屋、病院、美容院等の集まっている地域があります。古本屋もあって私は大満足です。家からもけっこう近く、高速道路に乗ると15分くらいのところにあります。昨日ロビンの用事で近くに行ったのでスーパー、本屋、それから和食器の店に寄ってきました。昼ごはんは鯖の塩焼きと煮物の入った定食のお弁当を買いました。写真撮るの忘れましたが、けっこうおいしかったです。写真は安売りしていたお手塩(一枚一ドル)と湯飲み茶碗です。右上は大根の漬物、糠床買って漬けていますが、ちょっとしょっぱいです。どうしたら甘みがでますか?今日は茄子を漬けました。和食ばかり作るとロビンからまた苦情がでそうです。

1 Comments:

At 11:38 午後, Blogger toshie said...

なかなか、感じのええ食器せす。こんなんで、お茶をのむと、百合子なら、ホツとしますよね。ぬか床はだんだん、漬けていると、乳酸菌が発酵して、味がなれてきますよ、気温が高いとはやいです、私でも新しく床を作ったときはしょぱいです。テルジさんと私はここへきゃべつをつけたのが好きです、

 

コメントを投稿

<< Home