水曜日, 11月 08, 2006

電気の暖房

月、火とかけて、セントラルヒーティングの設備を灯油から電力に変えました。もちろん業者がやるんだけど、やっと終わって今は快適です。灯油の値段が異常に値上がりしたので、電力のほうが安くつきます。カナダは電力の輸出国で比較的安いです。給湯も電力、台所のコンロ、オーブン、乾燥機(これがかなり電力を消費します)。この家は大きいので電気代は一年の月平均で2万円から3万円くらいになると思います。夏は暖房費のいらない分安くなります。電気暖房のいい所は空気を汚さない、比較的安全、悪い点は空気が乾燥するということでしょうか。モーダンの知り合いの家は都市ガスを使っていて、電力より安いそうですが、警報機をつけているとはいえ、私はちょっと心配です。

さて、サーモスタットは22度に調節してあります。この家は古い家ですが、窓は全部3重ガラスを使っています。でも入り口のドアが古いので隙間風がはいるので、修理します。今日はいいお天気になって、窓を開けて空気の入れ替えをしています。冬本番になると春まで窓は閉じたまま、ドアは最低限開けるだけになります。

1 Comments:

At 11:22 午後, Blogger toshie said...

カナダは五條より、ずーと寒いので、冬の暖房費がたくさんかかりますね。日本では1室だけど、家の中全部ですからね。トイレや廊下もむくいので、いいです。外がすごい寒さになる、これからは覚悟がいるとおもいます。特に運転が。今晩、晩ご飯付きで、20年ぶりに開催する中学校の同窓会の下相談に、いきます。2000円はらいます、20年ぶりの人が多く、私を含め。変わっていて、わかるかしら?歳月は早く過ぎます。父さんは鱈の水炊きを1人でたべます。ではまた

 

コメントを投稿

<< Home