火曜日, 3月 13, 2007

歯医者

昨日の午後は子供たち3人を歯医者に連れて行った。カナダは税金は高いが医療は無料の国だけど、歯医者は日本と同じように個人経営者がやっている。家は私の勤務先がブルークロス保険に入っているので月々4千円ぐらい払っていて保険がきくが、保険のない人はかなりの出費だ。歯医者はどこでも流行っていて、緊急じゃなければ予約を入れるのに1,2ヶ月待つことになる。カナダでは歯医者は痛くないことになっている。ちょっとでも痛さを感じると言うと、麻酔注射をがーんと打つ直すそうだ。もちろん痛いのは嫌だけど多めに使うのもどうかと思う。痛い歯医者と評判になると流行らなくなるからを邪推するのは私だけか。

私は子供の頃、朝晩欠かさず歯を磨いていたけど、わりとよく虫歯ができて歯医者へ行った。私の覚えている限りでは虫歯にもよるけど、1本の治療に一回10分くらい2.3回通ったように思う。こちらでは待っている時間も多いけど、治療に1時間くらいかかる。日本のちょっとして「はい終わりまた今度」というのも面倒だけど, こちらの1時間口を開けているのはかなりの苦痛だ。拷問とまではいかないが、最近は子供の頃よりも歯医者にいくのが億劫になった。

こちらの歯医者も競争が激しいのか設備は年々豪華になっていく。前にテレビがあるのは前からだが、寝椅子を倒して仰向けになったら真上にもテレビがあって、リモコンを渡された。ああ、これも治療費に入っているのね。

半年に一回は歯のクリーニングにいくが、この歯科衛生士たちは若い女性が多く、フレンドリーでおしゃべりな人がよくいる。悪気はないんだろうけど、世間話をあれこれ。こちらは口をあけているのだから何か質問されても返事に困る。答えはちょっと首を振りながらあーあーとこれじゃまさに猿である。

歯医者にいったらしばらくは子供たちは歯をしっかり磨くようになる。私もフロス忘れないようにしよう。

1 Comments:

At 3:59 午前, Blogger toshie said...

ここらでは歯医者が増えて、競争があるのか、半年に1回、検診のハガキがはいります、父さんの歯医者は前の晩に明日ですよ、という電話がはいります。父さんは何を置いても受診します。一時、歯で苦労していました。今は部分入れ歯です。私は歯になにか挟まった、時は歯磨きガムをかみます。

 

コメントを投稿

<< Home