月曜日, 3月 05, 2007

農家の直売

田舎暮らしの不便な点は多々ありますが、いい所もあります。去年サンディエゴに住んで気づいたこと。オーガニックの卵を買おうと思ったら普通の卵の3倍くらいします。育ち盛りの子供のいる我が家、娘がクッキーを焼いたりするので、週に1,2ダース使います。それでしぶしぶ一番安い卵を買うことに(後で中くらいの値段のに変える)。それが、ここでは農家の人が新鮮な卵を数ダース 家まで持ってきてくれます。足りなくなったら国道沿いにあるお宅の専用冷蔵庫に取りに行くこともできます。誰もいなかったらメモとお金を残しておきます。値段もスーパーの値段より安いくらい。去年少し上がって1ダース$1.75(170円ぐらい)です。殻が固くで黄身もしっかりしています。生産者と飼育小屋の見える何といっても安全な卵です。同じ農家でロースト用のチキンも買います。秋に十羽くらいまとめて買って、ガレージにある大型冷凍庫に保管します。牛肉も一頭の半分とか4分の1頭分買います。一番上等なリーバイ、Tボーンからミンチまで、丁寧に包装されて届きます。ホルモン剤など使っていない安全なお肉が買えるのはラッキーだと思います。その分サーモン以外は新鮮なお魚がなかなか食べられないのがつらいところです。

1 Comments:

At 11:49 午後, Blogger toshie said...

雪で買出しに行けなくても、在庫があると、気が楽でいいですね。お互いに、ようホームパーパーテーをするみたいなので。
鯖の塩焼きとか、食べたいと思います。

 

コメントを投稿

<< Home