日曜日, 10月 15, 2006

モーダンの友達



モーダンの学校のコンピューターネットワークの仕事をしている人はイラン人で9年前にロビンがモーダンの仕事をしていたとき以来の知り合いです。サマーと同い年の男の子、小学校3年生、1歳半の3人の男の子がいます。子供たちが幼稚園の頃から何回か食事に呼ばれたり、来てもらったりしました。 その後、私たちはアモイに行ったり、サンディエゴに行ったりして5年くらい出会ってませんでしたが、ロビンはモーダンの学校のウェブサイトを作って、私は更新の仕事をしているので、近況は伝わっていたようです。

昨日家に食事に招待しました。5年ぶりです。上の二人の男の子はフリー、スカイとコンピューターのゲームをしたり、外でホッケーをしたりして仲良く遊んでいました。私は朝からアップルパイ、バタータルトなど最近練習していたデザートを作り、肉はたくさんあるのでローストビーフ、サフランの入ったご飯、にんじんとレーズンのサラダを作りました。みんなおいしく食べてくれました。男の子たちはみんなよく食べます。奥さんは私と同じくらいの年齢ですが、1歳半の赤ちゃんがいるのでとても忙しいです。とても明るく良くしゃべる人です。イランでは中流の家庭はすごくお金持ちで家を何件も持てるそうです。最近あった姪の結婚式は7日間続くそう、でも中級以下の人の暮らしは大変で政府はひどいらしいです。

お互いの子供たちの成長を見るのはうれしいです。真ん中の子は小学校はフランス語で授業をうける学校にいるので、英語、フランス語、ペルシア語に堪能です。上の子は3ヶ月早く未熟児で生まれたので小さい時、とても心配していましたが、スポーツが好きで健康そうでした。フリー、スカイは前に会ったときよりもよくしゃべって社交的になったと褒めてもらいました。

1 Comments:

At 6:02 午前, Blogger toshie said...

イラン人とのお付き合い、すごいなあ。可愛い顔をしていますね。百合子のブログの右側の匡のとこをおしても、写りません。またあしたします。純はお友達を押しのけて、走とったなあ、。まあええ根性や、。守に見たと電話しました。百合子も私みたいに、お客さん料理をせんなんなあ。まあええことや。

 

コメントを投稿

<< Home