日曜日, 12月 03, 2006

日本語の上手な外国人

最近、立て続けに日本語を上手に話す人に会いました。ひとりはアルゼンチン人で東京に10年ぐらい住んでいるコンピューターデザインの専門家で、コンピューターのイベントで講演しました。ロビンは何年も前からコンピューターのニュースグループで知り合いだったそうです。前は電通に勤めていたけど、今はフリーの仕事をしているそうです。才能のあるグラフィックデザイナーで、プログラムにも精通していて、英語もぺらぺらだし、日本語もできる。すばらしいです。彼のウェブサイトです。
Marumushi

もう一人は先週勤めている病院で会った、パキスタン人のお医者さん。今度うちの病院で勤めることになるそうです。千葉大学で放射線学を勉強したそう。1年半しか日本にいなかったのに、日本語は上手だし、何年も前なのに忘れていない。やはりお医者さんとなると頭がいいのでしょう。

才能と努力でしょうか。私もこれから書く仕事を目指してがんばろうと思っています。(来年の抱負)

1 Comments:

At 9:39 午後, Blogger toshie said...

身近に日本語のできる人ができて、良いことです。向こうの人が忘れないように日本語を使って、話をしてあげたら、ええとおもいます。師走らしい気温になりました

 

コメントを投稿

<< Home