月曜日, 3月 13, 2006

砂漠



ロビンの両親の来ていた最後の週末に砂漠まで小旅行して来ました。家は海岸から3キロくらいのところなので内陸に向かって100キロくらい走りました。途中にジュリアンというアップルパイの有名な小さい観光の町に止まりました。アップルパイ食べて、野外の劇見て、ぶらぶら歩き、また内陸に向かってどんどん走りました。子供たちと私はすっかり退屈していましたが、ロビンとロビンの両親はドライブが好きなので回りの風景を楽しんでいました。砂漠に出る前は小さな山が多くくねくねした道を通っていくのでサマーは途中で気分が悪くなりました。交通量のまあまあ多いし、日本だったらトンネル掘るだろうと思いますが、山を迂回して行きます。砂地やとトンネルつくるのも難しいのでしょうか?

2 Comments:

At 11:15 午後, Blogger toshie said...

この写真は面白いなあ。人物が西部劇の人みたいに見えますが。そうですか?長い間車に乗るのは、嫌ですね。りんごパイはおいしかったでしよう。あっちこっちへ行き、皆疲れたのではないかしら?でも方々へ行けてよかったです、怪我なく。百合子の日記、楽しめました。どんな料理をしていましたか?としえ

 
At 8:46 午前, Blogger yuriko said...

ハムのロースト、七面鳥のローストは残りをサンドイッチにできてよかったです。肉と野菜の串焼きのバーベキュー、インドカレー、スパゲティなど。8人分つくるのは大変でした。パンは買っても買ってもすぐなくなるし。最後の方はちょっと疲れたけど、たのしかったです。サマーがあんなにたのしそうなの見るのは久しぶりでした。先週は日本人の友達が3人ランチに来て、散らし寿司、ほうれん草のおひたしなど作りました。

 

コメントを投稿

<< Home